") =COUNTBLANK (B2:B4) 「 COUNTIF 関数 」の方は、「空」のセル以外をカウントします。. IF関数の[論理式]は、条件を設定する欄ですが、複数個の条件を設定できるようにするため、[論理式]にAND関数(またはOR関数)を入れ込みます。, そして、AND関数(またはOR関数)を設定したあと、勢いで[OK]ボタンをクリックしてしまう方が続出するのですが、[OK]ボタンは、すべての設定が終わるまで押しません! 下図は、「出身地区が関東で、性別が女、得点が50点以上」という複数の条件で絞った人数をカウント。 数値「2」が返されています。 今回はIF関数とAND関数を組み合わせる方法でご紹介していきますが、OR関数を組み合わせたい場合には、AND関数を選択する際にOR関数を選べば、それでOKです。, 【すべての条件を満たしていたら】なので、IF関数に組み合わせるのはAND関数。 しかも、今、関数を設定しているのは、「相原さん」の判定欄なので、, AND関数の各欄に、条件を設定できました! 【OR関数を使いたい方】 IF関数のダイアログボックスに切り替えるため、数式バーに表示されている数式の「IF」の文字のところでクリックすると、, ダイアログボックスがIF関数のものに切り替わりました! [関数の分類]で「すべて表示」を選択すると、すべての関数が[関数名]欄にABC順で表示されます。 d4=”課長” は、セルd4が文字列「課長」と等しいかどうかを判定します。. 多くの条件を判定して処理を決めなければならない場合は多くあります。複数条件の判定を行う場合のIfステートメントの使い方はいろいろあります。覚えておきたい基本的なIfステートメントの組み立て方法を紹介します。 まずは[論理式]から。 まず1論理式1欄を選択し、2式の対象となるセル(国語)を選択し 3「 >70 」を入力 これで「Aさん」の「国語の点数」が「70点より大きい」かどうかを調べる論理式が入力されたことになります。 ※論理式1の欄外に「=TRUE」と表示されているのは「Aさんの国語の点数が70点以上」が真(TRUE/クリアされている)事を意味しています。 引き続き4論理式1欄を選択し、5式の対象となるセル(算数)を選択し 6「 >70 」を入力 式の入力を進めると、空白の論理式の欄が1つ増えます。 論理式は255個まで追加する … ここで早速、重要ポイント! 「なぜ、文字の前後をダブルクォーテーションで囲むの?」という方は、「Excelを怒らせないための関数・数式のお作法:ダブルクォーテーション編」をご覧ください。, 続いて[値が偽の場合]に文字カーソルを移します。 Excelで作業するときに便利なIF関数。関数から導き出した数値のセルや文字をそれぞれ色分けしていけば、より見やすくて便利なシートを作成することができますよね。今回は、ExcelのIF関数で色分けをする方法についてご紹介します。なお、今回はExcel 2016を用いて解説していきます。 IF関数にOR関数を組み合わせる方法を知りたい方は、これからご紹介する操作で、AND関数を選択する際にOR関数を選べば、それでOKです。 この一覧にANDが無い方は、[その他の関数]をクリックします。 【OR関数を使いたい方】 [関数の分類]で「すべて表示」を選択すると、すべての関数が[関数名]欄にABC順で表示されます。 ●●が××、または、▲▲が○○、または、■■が◇◇だったら、 結果が 0 の時はすべてのセルが空です。. Excel では、複数のセルのテキストだけでなく、複数の列と行のテキストも 1 つのセルに結合することができます。 テキストを結合するデータの行が大量にある場合、隣接する列で結合するテキストの入力を開始するだけで、残りのデータが自動的に入力されます。 IFとAND、IFとORの操作の違いは、関数を選択するときにANDを選ぶかORを選ぶかの違いだけ。 これ表示、そうじゃなければ これ表示, のように、複数の条件をすべて満たしているかどうかで、セルの表示を変えたい場合には、IF関数に加え、複数の条件をすべて満たしているかどうかを調べるAND関数を組み合わせます。, もし OR関数を使いたい方は、この一覧で、ANDではなくORを選択します。 条件判定(IF関数)および複数条件を設定する時のAND関数、OR関数の使い方、セルや数式の状態を調べるIS関数の説明をしています。 これが、操作のポイントです。, 最後に、IF関数とAND関数、IF関数とOR関数の数式と考え方をまとめると、こうなります!, Officeの使いこなしテクニックをメールでお届け!メールマガジンポータルサイト「まぐまぐ」の殿堂入りメルマガです! E8セルが空白でなかったらG8セルに「E8セルとF9セルの掛け算の結果」を表示するように指定します。「=IF(E8="","",」に続けて『E8*F8)』と入力し、Enterキーを押します。 エクセルのIF関数で範囲全てが条件値と一致するかを判定する論理式とは|複数範囲も; エクセルのIF関数で文字が入っていたら計算する論理式にする方法; ExcelのIF関数で空白を判定する方法|3つの空白パターン別の対処法 ここでは、半期の合計が200以上ならA、150以上ならB、100以上ならC、それ以外はDという基準で評価を表示するものとします。 これをIF文で記述すると、セルI3には、「=IF (H3>=200,"A",IF (H3>=150,"B",IF (H3>=100,"C","D")))」(②)という式を入力する必要があります。I あとの操作はまったく同じです!, まず、判定結果を表示させたい「対応」欄の先頭のセル、E2番地を選択し、[関数の挿入]ボタンをクリックします。, 関数を指定するためのダイアログボックスが表示されます。 このようなメッセージが表示されるので、[OK]ボタンを押すと、, 【Excel 2010】 AND関数(またはOR関数)の設定が終わった時点では、IF関数の設定はすべて終わっていないので、[OK]ボタンは押さずに、, IF関数のダイアログボックスに切り替えるため、数式バーに表示されている数式の「IF」の文字のところでクリックします。 All rights reserved. Excel関数: AND (論理式1 [,論理式2]・・・ [論理式N]) AND関数 は、論理式で複数の条件を指定し、 すべての条件が満たしているかどうかを判定 するExcel関数です。� AND…という名前からお察しかと思いますが、この関数はもともと複数条件の判定に使うものです。 =AND (判定式1, 判定式2, 判定式3...) Excel 2013と2010では、[真の場合]となります。 IF関数単体、AND関数やOR関数単体の操作に不安がある方は、この先に進んでもかえって分からなくなるだけなので、まずは焦らず、下記のページからご覧ください。, それでは早速、IF関数にAND関数やOR関数を組み合わせる操作方法をご紹介していきましょう!, のように、条件を設定する[論理式]に、複数条件を設定するためのAND関数かOR関数を入れ込みます。, です。 という設定になるので、IF関数単体では、「●●が××だったら」という条件は、1つしか設定できません。, もし このようなメッセージが表示されるので、[OK]ボタンを押すと、, 数式バーに文字カーソルが入るので、そのままの状態で[関数の挿入]ボタンをクリックすると、, 繰り返しますが、ここが重要ポイント! そこで、この[論理式]に、条件を複数設定できるAND関数を入れ込んでいきます。, [論理式]欄に文字カーソルがあることを確認し、数式バーの左側にある関数名の[▼]をクリックすると、, 最近使った関数の一覧が表示されます。 Copyright ©2018Impress Corporation. 複数の条件がすべて成立しているかどうかを調べる関数が、AND関数です。 =AND(条件1, 条件2, …) 条件が成立していれば「TRUE」、成立していなければ「FALSE」を返します。条件は255個(EXCEL2013)まで指定できます。 従来、複数の条件を判定したい場合は「if」(イフ)関数の組み合わせ、つまりネストすることで求めていました。 これがExcel 2016では、 「IFS」(イフエス)関数 によって1つの関数で行えます。 複数条件にて合格や不合格と自動で判定していく際にはIF関数を入れ子構造にする といいです。 今回は「英語の点数と数学の点数を両方とも70点以上とった場合に合格とする」と複数の条件をつけていきま … 【Excel】IF関数解説|条件分岐を使いこなす 【Excel】関数入門|知っておきたい基本事項まとめ. “全部クラウドでやればいいじゃない”の割り切りで実現した、ストレスフリー・低価格なデバイス, 「Ruby 2」より3倍速い ~「Ruby 3.0.0」が例年通りクリスマスにリリース, 最強の将棋ソフト「やねうら王」からクリスマスプレゼント ~詰将棋500万問が無償公開, サービス終了となった「Smooz」に未修正の脆弱性? 利用の継続は大きなリスクを負うことに, ペーパーレス化の頼もしい味方!世界初のPDF“追記”アプリ「AxelaNote」の魅力とは, どんどん軽くなり続ける「EmEditor」 ~ExcelよりCSVをサクサク処理できるワケ, 信頼と軽快さが同居する「ESET Internet Security」 ~窓の杜が10年以上使い続けるワケ, Excelでよく使う関数の1つにIF関数がありますよね。皆さんも一度は使ったことのある関数ではないでしょうか。IF関数は、指定した条件に応じて表示内容や処理を変えたい時に使う関数で、さまざまな場面で活躍する関数です。でも、複数の条件を指定したい時は、IF関数の中にさらに新たなIF関数を記述することになり、数式が複雑になってしまうのが難点です。, 試しに、次の「営業成績表(上半期)」に複数の条件を指定したIF関数を入力してみましょう。この表のI列(①)に、半期の合計(H列の値)に応じた評価をA~Dの値で表示する例を考えてみます。ここでは、半期の合計が200以上ならA、150以上ならB、100以上ならC、それ以外はDという基準で評価を表示するものとします。, これをIF文で記述すると、セルI3には、「=IF(H3>=200,"A",IF(H3>=150,"B",IF(H3>=100,"C","D")))」(②)という式を入力する必要があります。IF関数がいくつも入れ子(ネスト)されていて、とても複雑ですよね。, 複数の条件に応じて処理や表示内容を変えたい時は、IF関数ではなく、IFS関数を使うのがおすすめです。IF関数に比べてかなりシンプルに記述できるので、関数に慣れていない人でもあまり抵抗感なく使えるでしょう。今回は、このIFS関数の使い方について解説します。, IFS関数は、Excel 2016ではOffice 365を契約していなければ使用できませんでしたが、Excel 2019からはOffice 365を契約していなくても使用できるようになりました。今から覚えるなら、IFS関数がおすすめです! IFS関数を使える環境を持っている人は、ぜひトライしてみましょう。, IFS関数は、複数の条件に応じて表示内容を変えることのできる関数ですが、条件と表示内容のペアを並列して記述することができることが利点です。「論理式1」に条件を指定し、「真の場合1」にその条件を満たす時の表示内容を記述します。複数の条件がある場合は、このペアを順々に指定していけばよいのです。冒頭で紹介したIF関数では、複数の条件を記述する時に、IF関数の中に新たなIF関数を書き、入れ子(ネスト)にしていたことを考えると、ずいぶんシンプルでわかりやすいです。, 文章で説明するよりも、やってみたほうがわかりやすいので、冒頭の例を使って数式を作成していきましょう。今回は、「関数の挿入」機能を使って数式を組み立てていきます。「関数の挿入」機能は、数式の作成が不安だったり、引数などがうろ覚えだったりする時に役立つ機能です。ウィザードのような形式になっていて、誘導されるとおりに入力していけば数式を完成できます。, セルI3(①)を選択し、[数式]タブ(②)→[関数の挿入](③)をクリックしましょう。, [関数の挿入]ダイアログボックスが表示されます。「関数の検索」欄に「IFS」(④)と入力し、[検索開始](⑤)をクリックします。すると、その下の関数の一覧に「IFS」(⑥)が表示されるので選択し、[OK](⑦)をクリックします。, [関数の引数]ダイアログボックスが表示されます。まず、「論理式1」欄と「値が真の場合1」欄に、最初の条件式とその条件を満たした時に表示する値を入力します。ここでは、セルの値が200以上の時に「A」と表示したいので、「論理式1」欄に「H3>=200」(⑧)と入力し、「値が真の場合1」欄に「"A"」(⑨)と入力します(「A」は文字列なのでダブルクオーテーションで囲みますが、単に「A」と入力するだけで、自動的にダブルクオーテーションが補完されます)。, 同様にして、次の条件式とその条件を満たした時に表示する値を入力します。「論理式2」欄に「H3>=150」(⑩)と入力し、「値が真の場合2」欄に「"B"」(⑪)と入力します。なお、入力欄は自動的に拡張されていきます。, また、[関数の引数]ダイアログボックスでは、数式を作成しながら結果も確認できます。この例では、セルH3に「178」と入力されているので、論理式2の条件が当てはまり、表示内容は「B」となります。よって、[論理式2]欄の右横にはTRUE(⑫)と表示され、ダイアログボックスの左下には「数式の結果 = B」(⑬)と表示されます。, 論理式3と論理式4のペアも同様に入力していきます。「論理式3」欄に「H3>=100」(⑭)と入力し、「値が真の場合3」欄に「"C"」(⑮)と入力します。続けて、「論理式4」欄に「H3<100」(⑯)と入力し、「値が真の場合4」欄に「"D"」(⑰)と入力します。, 引数をすべて入力できたら、[OK](⑱)をクリックしてダイアログボックスを閉じます。, セルI3に「=IFS(H3>=200,"A",H3>=150,"B",H3>=100,"C",H3<100,"D")」という数式が自動的に入力され、計算結果が「B」(⑲)と表示されます。, オートフィルを使って、先ほど作成した式をI列のほかのセルにもコピーしましょう。セルI3の右下に表示されるフィルハンドルをセルI7までドラッグします(⑳)。すると、書式までコピーされてしまうので、セルI7の右下に表示される[オートフィルオプション](㉑)をクリックして、[書式なしコピー(フィル)](㉒)を選択します。, 今回は、IF関数よりもシンプルで簡単に複数の条件を記述できるIFS関数の使い方を解説しました。IF関数は、実務でも登場回数の多い関数だと思います。今まで、複数条件を指定したい時に、複雑になりすぎて困っていた人は、ぜひIFS関数を使ってみてください。また、慣れない関数を使う時は、今回解説したように「関数の挿入」機能を使うことをおすすめします。 ぜひトライしてみてくださいね!, 【Excel】セル内にグラフを表示できる!表だけでデータを視覚的に魅せる「スパークライン」活用テク, 【Excel】IF関数が苦手な人へ、もう一つの救世主!エクセルのSWITCH関数はIFS関数とどう使い分ける?. B2セルが80点以上かどうか条件を指定します。. まだIF関数の設定が終わっていないので、IF関数の設定をしなければいけないのですが、今表示されているダイアログボックスはAND関数。 ある部品を X,Yの2方向で寸法測定して、x方向の値をセルa1に、y方向の値をセルb1に入力したとします。それらの値の合否をセルc1にて、〇または×で判定したいと考えています。測定値に対しての合否規格は、X,Yとも仮に40.0~50.0m Excelで複数の条件を判定してセルの値を変更する方法を紹介します。 ... 、次の条件式を判定し、C3セルの値が50未満であれば「ふつう」の文字列を表示します。C3セルの値が50未満でなければ(50以上であれば)、t具の条件式を判定します。 Excelの関数を使って、あるセル内に1つのキーワードを含んでいるなら…という条件式なら、いくつもの解決方法が見つかります。 例えば、こんな表があったとしましょう。 「病院なら1、薬局なら2」という判定フラグを自動化したい関数を設定するなら、あなたはどのように書きますか? 上の表で「病院なら1、薬局なら2」という判定フラグを関数で書くなら、私ならこのように関数を組みます。 IF文でワイルドカードが使えたらいいのですが、ワイルドカードを使用できないので、COUNTIF文でワイルドカ… 複数の条件を全て満たしているかどうかを判定するにはAND関数 … このAND関数を設定したあと、勢いで[OK]ボタンをクリックしてしまう方が続出するのですが、[OK]ボタンは、すべての設定が終わるまで押しません! こんにちわ。今回はIF関数を使ってセルが空白かどうかを判定する方法をご説明しますね。(^.^)Excelではセルが空白かどうかによって行う処理を分けたいという状況がよくあるんですよ。 Excel VBAでセルの選択を判定する方法をまとめました。 1.はじめに. エクセルの ISNA 関数の使い方を紹介します。 ISNA 関数はセルの値が #N/A エラーか判定します。# #N/A なら TRUE を返します。 #N/A エラーは「 VLOOKUP 関数 」などの検索関数で検索対象が見つからないときに発生します。 AND関数は「A」から始まる関数なので、スクロールしていくと、比較的すぐに見つかります。 excel(エクセル)のisblank関数は、セルの内容が空白か否かを判定し、結果を論理値で返します。セルの内容が空白のとき true を返し、それ以外のとき false を返します。 AND関数とOR関数、どちらを使うにしろ、設定方法は同じ。 IF関数を入れ子にすることで4つの条件を判定できる方法を説明しています。. IF関数で複数の条件を判定する方法(条件が4つ以上の場合). こんにちわ。先回の【Excel上級】では複数の条件すべてを満たしているかどうか、AND関数を使って判定する方法をご説明しましたね。今回は複数の条件のどれか1つを満たしているかどうか判定する方法をご説明しますね。 IF関数&IS関数の使い方:Excel関数. この設定の意味が分からない!とか、数式内の記号の意味が分からない!という方は、これ以上進むのは苦痛でしかないので、まずはAND関数単体をスムーズに使えるようにするため「AND関数とOR関数で複数条件を設定」をご覧ください。, さて、ここでも重要ポイント! ここは条件を設定する欄。 if関数は条件を判定することができます。例えば値が100以上なら〇、未満なら×のようにです。これにor関数を組み合わせると複数の条件を指定できます。例えば、値aか値bのどちらかが100以上なら〇、そうでなければ×のようにです Excelで指定の文字列を含むかを判定するIF関数を使った方法|複数条件も エクセルでセルに指定の文字列が含まれるか判定したい時ってありますよね。 この一覧にANDが表示されている方は、ANDをクリックし、即AND関数の設定に進めますが、今後のためにこのまま読み進めてください。 もし誤って[OK]ボタンを押してしまった場合には、, 【Excel 2019・2016・2013 / Office365】 【Excel 2013・2010】 Excel 2013と2010では、[偽の場合]となります。 「COUNTBLANK 関数」の方は、セルの結果が空であればカウントします。. 今回はIF関数を使いたいので、一覧から「IF」をクリックで選択し、[OK]ボタンをクリックします。 よねさんのWordとExcelの小部屋 » ; エクセル関数一覧表 » ; IF関数&IS関数. Excelのif関数について、初心者向けにわかりやすく解説しています!実際にExcelでの例を画像付きで解説しているので、if関数を使用したことのない人でもわかるようになっています。これ機に、ぜひExcelの力をつけましょう! 式 =and(d4=”課長”, e4>=40)説明: 論理式1. AND関数で各欄に設定するのは、それぞれの条件。 Excelの『OR関数』は”複数の条件の中から1つでも満たしているかを判定する”ための関数です。IF関数と組み合わせて、高度な処理を行うことがよくあるので、ぜひ覚えていってください。では、さっそく解説していきます。OR関数の使い方ここではO Be Cool Usersマガジン--Word,Excel,PowerPointの技, 解説記事内の画像はExcel 2019のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。, 条件を設定する[論理式]に、複数条件を設定するためのAND関数かOR関数を入れ込みます, Excel 2019・2016・2013・2010 / Office 365用 練習ファイル, Be Cool Usersマガジン--Word,Excel,PowerPointの技. 【Excel 2013・2010】 All rights reserved. ちなみに、この一覧から「IF」を選択する際、「IF」の頭文字である「I」のところまで、一瞬でスクロールする技を使うと便利です。, 更に表示されたダイアログボックスで設定をしていきます。 数式バーを見ても、IF関数の中にAND関数が入ったことが分かります。 sumifを複数条件で集計/2つ以上の条件で集計したいときはsumifs関数で! excelで期間集計(日付や範囲指定での抽出合計)ならsumifs関数 「エクセルで以上・以下の条件を指定し、判定や集計を行う方法」のご紹介でした。 複数のセルがすべて空白か判定するには「 COUNTIF 関数 」または「COUNTBLANK 関数」を使用します。. AかつBの判定|AND関数を使ったIF関数. このページでは[値が真の場合]の名前で解説していきますが、使い方は同じです。, [値が真の場合]には、[論理式]に設定した条件を満たしていた場合にどう表示したいかを設定すればいいので、「"要連絡"」と入力します。 アジア 出生率 低下, 桂川イオン 串まる 値段, 2019 映画ランキング 邦画, ロールペンケース 革 作り方, リング ドラマ キャスト, Pcエンジン マクロス 永遠のラブソング 攻略, ワイン おつまみ 生ハム チーズ, 鳴門 淡路 高速, " />